【動画】1ゲームに3度のダッシュ!?フェデラーのリターンがトリッキーすぎる!

20150904_federer_k4 photo:PROTatiana

フェデラーの見せた見事な奇襲

時速200キロを超えるサーブが飛び交うプロテニス選手たちの試合では、サーバー側が圧倒的に有利。

そのため、いかに自身のサービスゲームをキープしつつ、相手のサービスゲームをブレイクするかが、勝敗の分かれ目となってきます。

相手の強力なサーブを攻略するため、選手たちはリターンで様々な工夫を凝らすわけですが、全米オープン2015の1回戦で、ロジャー・フェデラーが見せたリターンは、そんな中でも非常に珍しい、まさに「奇襲」と呼べる攻撃でした。

デュースサイドで3連続リターンダッシュ

第2セット、相手のレオナルド・マイェールのサービスゲームでのこと。

ファーストポイントで、フェデラーは珍しいリターンダッシュを選択!

サービスラインに寄って、高速サーブを見事にリターン!意表を突かれたマイェールは、パッシングショットをミスしてしまいます。

20150904_federer_k1

そしてフェデラーの30-0となって迎えた、2度目のデュースサイドのリターン。

フェデラーはなんとここでも、同様の作戦を選択!今回はマイェールが落ち着いてフォアハンドを叩き、ポイントを奪います。

20150904_federer_k2

しかし40-15となったフェデラーのブレイクポイントで、またまたネットダッシュをするフェデラー!デュースサイドで3連続とは、しつこい!

これがマイェールのミスを誘い、見事ブレイクに成功します!

20150904_federer_k3

1度でも珍しいリターンダッシュを、これだけ連続でやられて、しかも相手はフェデラー・・・サーバーにとっては、物凄いプレッシャーでしょう。

何より簡単そうにやっていますが、このレベルのサービスをあの至近距離で合わせる、フェデラーの技術が素晴らしいですね。

映像がこちら。


Original:tao dark

何ともいやらしい・・・しかしフェデラーだからこそ可能な、見事な奇襲でした。