【動画】地元で有終の美を!引退表明の元王者ヒューイット、最後の全豪が始まる!

炎のファイター・ヒューイット、最後の戦いへ

20160114_hewitt_a3

世界ランク1位にも輝いた、オーストラリアの英雄、レイトン・ヒューイット。闘志剥き出しの熱いプレースタイルに憧れた、日本のテニスファンも多いことでしょう。

2016年、34歳となったヒューイットは、地元で開催される1月の全豪オープンを最後に、現役を引退します。

今回は、ヒューイットをコーチとして見守ってきたピーター・スミス氏のインタビューとともに、最後の戦いに挑むヒューイットを追った、2つの動画をご紹介します。

恩師が語る、レイトン・ヒューイット

20160114_hewitt_a1

スミス氏は、ヒューイットが6歳から17歳になるまで指導していく中で、世界一の選手になれる素質を見抜いていたようです。

「まるでジグソーパズルのように、(順調に)成長していく、素晴らしいテニスプレーヤーだった」

「世界一になるべき選手だと誰もが思っていたし、私もそれが近い将来のことだと考えていたよ」

ヒューイットのジュニア期といえば、まだまだサーブアンドボレーヤーが活躍していた時代。その時代に彼の才能を見出し、あの特異なストロークスタイルを確立させた、スミス氏の指導もまた、ヒューイットの伝説の重要なピースを担っています。

家族とともに戦う

昔は試合中に相手選手とトラブルを起こすなど、やんちゃな側面もあったヒューイットですが、今ではオーストラリアのデ杯チームのリーダーとして、若手選手たちからの人望も厚く、家庭では3人の子供の父親にもなりました。

2つめの動画では、家族と過ごすヒューイットの姿が描かれています。

息子とトレーニングしている姿は、すごく微笑ましいですね。

20160114_hewitt_a2

1つめの動画がこちら。


Original:Australian Open TV

2つめの動画がこちら。


Original:Australian Open TV

引退してしまうのは寂しい限りですが、最後までガッツ溢れる「これぞヒューイット!」といったプレーで、きっとテニスファンを魅了してくれることでしょう!