【動画】全豪名勝負!フェデラーの初タイトル、サフィンとの04年決勝を観る!

20160117_federer_k0

新時代の王者フェデラーvsガラスの天才サフィン

テニス界で数々の大偉業を成し遂げてきた、ロジャー・フェデラー

今回はそんなフェデラーが、初めて世界ランク1位になった年、2004年の全豪オープン決勝、マラト・サフィンとの名勝負をご紹介します。

サフィンとフェデラーは1学年しか違わないほぼ同世代ですが、世界で先に活躍を始めたのはサフィンでした。

2000年に20歳の若さで、当時の絶対王者ピート・サンプラスに完勝しての全米オープン優勝は、世界中に衝撃を与え、その年には世界ランクでも1位に輝きました。

しかし完璧主義者の天才は以後、サンプラスを破った「最高の自分」のイメージに悩まされ、ミスが続くと、メンタルを崩して自滅していく試合も多くなりました。

2003年には相次ぐ故障にも悩まされたサフィン。翌2004年の全豪オープンは、ノーシードからの出場でした。

一方、徐々に頭角を表し始めたフェデラーは、2003年に初めてグランドスラムで優勝を果たして、世界ランクも2位に浮上。その勢いのまま、翌シーズンの全豪オープンでも、決勝に進出しました。

復活を目指すガラスの天才・サフィンと、新時代の王にならんとするフェデラーによる、名勝負となった決勝戦のハイライト映像がこちら。


Original:Australian Open TV

サフィンをストレートで破ったフェデラーは、大会後に念願の世界ランク1位に輝き、その後の活躍はご存知の通り。

しかし2005年の同大会では、意地を見せたサフィンが準決勝でフェデラーにリベンジを果たして、悲願の全豪オープン初制覇を達成。

冷静と豪放、同世代の対照的な2人の天才は、テニス界で数多くのドラマを繰り広げました。