【動画】ナダルがフェデラーを破った日。史上最長の決勝戦[ウインブルドン]

nadalvsfederer01

今や伝説となっている、2008年のウインブルドン男子シングルス決勝、ラファエル・ナダル対ロジャー・フェデラーの試合をご存知でしょうか。

2006年から実に3年連続で、ウインブルドンの決勝戦で顔を合わせた両者。これまでは芝の王者・フェデラーが連勝していましたが、この年、ウインブルドン決勝戦の史上最長記録となる4時間48分の激闘の末、6-4,6-4,6-7,6-7,9-7で、ついにナダルがフェデラーを破って、悲願の初優勝を果たしました。

ウインブルドンで5連覇中であったフェデラーは、歴代1位となる6連覇を狙っての戦いでしたが、その大記録はあと一歩のところで、ナダルに打ち砕かれました。

また、ナダルはこの年、全仏オープンでも優勝しており、同一年での全仏オープンとウィンブルドン制覇は、ビヨン・ボルグ以来、28年ぶりの快挙となりました。

ハイライト動画はこちら。

Original:Wimbledon

ウインブルドン後の8月、ナダルはフェデラーが保持していた連続世界ランク1位記録237週で止め、自身初となる世界ランク1位の座に就きます。

この決勝戦は、フェデラーの1強時代が終わり、ジョコビッチやマレーも混じり合って、史上まれに見る戦国時代に突入する、大きなきっかけとなった試合でもありました。