【動画】やられたらやり返す!レンドルとエドバークによる、伝説の名プレー!

今回は1991年の全米オープン準決勝、テニス界のレジェンド同士の対戦となった、イワン・レンドルステファン・エドバーグの試合で両者が見せた、テニス史に残る名プレーをご紹介します!

シーンは第3セット。エドバーグは得意のサーブ&ボレーで攻撃を仕掛けます。

エドバーグのボレーに逆をつかれたレンドルが見せたのは...

なんと背面打ち!!

20140725_usopen_k1

しかもただ返すだけではなく、矢のようなショットが飛んでいき、完全にラリーの主導権を握り返してしまったレンドル!このポイントを奪います。

すると同じく第3セット、レンドルのサービスゲームで次はエドバーグが魅せます。

やられたらやり返す!レンドルのボレーを...

今度はエドバーグが背面打ち!!

20140725_usopen_k2

同じく矢のようなショットが飛んでいき、エドバーグがこのポイントを制します。

技術の高さは言わずもがな、2人のエンターテイナーぶりも垣間見えるこのプレーに、観客は大盛り上がり!

動画はこちら。


Original:LendlTennis

試合はエドバーグがストレートで勝利し、そのままこの年の全米オープン覇者となりました。

技術も魅力も兼ね備えたレジェンド達のプレーには、20年以上経った今でも心から興奮されられます!