【動画】ブライアン兄弟がラケットを投げてスーパーキャッチ!これってあり?

テニスのルールって、みなさんは全て把握できていますか?

今回は、史上最高のダブルスペアとの呼び声も高い、マイク・ブライアンとボブ・ブライアンのブライアン兄弟が見せた、ルール上とっても際どいプレーをご紹介します。

シーンは2013年のウインブルドン準決勝。ボブのサーブに対し、相手ペアのリターンはサイドいっぱい、厳しいコースに飛びます。前衛のマイクの横を抜けるかと思われましたが...

なんとマイクはラケットを投げてボールに当てます!

これはもう完全に投げてます!!

20140728_bryan_k1

ラケットに当たったボールは、相手コートにポトリと落ち、審判はブライアン兄弟のポイントとコール。

猛然と抗議する相手ペア!!

20140728_bryan_k2

しかし、コールは覆りません。

さてこのシーン、皆さんは正確なルールをご存知ですか?

動画はこちら。


Original:Wimbledon

実はテニスのルールにおいては、ラケットが手から離れた状態で、ボールに当たると失点となります。この時の審判の主張は「ラケットが手を離れたのは、ボールに当たった後だった」というもの。

20140728_bryan_k3

んー...。なんとも際どいシーン。

相手ペアが抗議に向かう横で、何の問題もないでしょうと言わんばかりに、即座にガッツポーズしてハイタッチをしている、ブライアン兄弟にも注目です。