【動画】ナダルも根負け!鉄壁の守りを誇る、パブロ・アンドゥハルとは

26日に行われた全米オープンテニス男子シングルス1回戦で、日本のエース錦織圭は、アメリカのウェイン・オディスニクに快勝、2回戦に進出しました。

そして錦織が2回戦で対戦するのが、世界ランク48位のパブロ・アンドゥハル。スペイン出身の28歳で、2010年頃から安定してTOP50前後にいる、経験豊富な選手です。

プレースタイルは、根っからのストローカー。特にディフェンスには定評があり、コートを縦横無尽に駆け回って、どんなボールでも拾います。

身長も180センチと、ツアーでは決して高い方でないので、スタイル的には錦織と良く似た選手といえます。

今回はそんなアンドゥハルが、クレーコートの王者、ラファエル・ナダルと対戦した際に見せた、鉄壁のディフェンスをご紹介します!

ナダルの攻撃を、脅威のフットワークで凌ぐアンドゥハル!

20140827_anduhal_k1

横を抜かれたボールですら、後ろ向きのままスーパーキャッチ!

20140827_anduhal_k2

長いラリー戦の末、最後はアンドゥハルの強打に、多少無理な体勢からカウンターを狙ったナダルがミス。

あのナダルを相手に、我慢比べで勝利を収めました...。

20140827_anduhal_k3

動画はこちら。


Original:ATPWorldTour

さらにこちらの動画では、2メートルを超える長身の攻撃的プレーヤー、ジョン・イズナーの強打を、縦横無尽に駆け回って全てキャッチ!

驚異的なディフェンス力です...!!


Original:ATPWorldTour

故障明けの錦織としては、出来るだけ短いラリーでポイントを終わらせたいところですが、おそらくそうはさせてくれないのが、アンドゥハルという選手。

2回戦をどう攻略するかが、錦織にとって今大会の、ひとつのキーポイントとなりそうです。