【動画】ボールが弾まない!?錦織との試合でツォンガが放った魔球サーブ!

錦織vsツォンガ、大激闘の途中で...。

20141030_nishikori_k8

2012年の全豪オープンは、錦織圭が日本人男子として、80年ぶりとなるベスト8に進出。日本テニスの歴史が、大きく動いた大会となりました。

中でも、錦織がベスト8入りを決めた4回戦、第6シードのジョー=ウィルフリード・ツォンガとの一戦は、フルセットにまでもつれ込んだ、大会屈指の好ゲームとなりました。

互いに譲らぬ、緊迫のラリー戦。最後まで結末が読めない展開。

しかし、そんな熱い試合の最中に、珍しいハプニングが起こっていたことを、ご存知でしたでしょうか?

ツォンガの放った魔球サーブ

そのシーンがこちら。

ツォンガが得意のサーブで、錦織から豪快なサービスエースを奪います!

20141030_tsonga_k1

しかし苦笑いで、ボールがバウンドした辺りを見つめる錦織。何かあったんでしょうか。

20141030_nishikori_k5

このシーン、改めてスローで見てみると、なんとツォンガのサーブが、全く弾んでいないことが判明!

身長188センチから打ち下ろす高速サーブが、固いハードコートで、錦織の膝の位置くらいにしか弾まないのは、確かにおかしいですね。

20141030_nishikori_k6

おそらく、コートのわずかな凹凸部分に当たってしまったのでしょう。

錦織が主審にそのことを話すと...

試合は一時中断。なんとコート上に、ドリルを持った人が駆けつけるなど、非常に珍しい光景が繰り広げられました!

20141030_australianopen_k1

動画がこちら。


Original:Australian Open TV

中断の間も細かく足を動かし、何かを考え込むような非常に険しい顔で、集中力を保っている錦織にも注目。

この試合に懸ける錦織の、強い想いを感じるシーンでもありますね。