【動画】ぶっ叩きからドロップまで!フェデラーの七色のリターン10選!

テニスの教本、ロジャー・フェデラー

20141216_federer_k0

数々の偉業を成し遂げ、史上最高のテニス選手と謳われる、ロジャー・フェデラー

全てのショットが美しく「テニスの教本」とも呼ばれるフェデラーのプレーの中から、今回は、リターンにフォーカスした映像をご紹介します!

多種多様なリターン

フェデラーのリターンは多種多様。

回り込んで、サーブと同じくらいの速度のフォアハンドを、叩き返すこともあれば、

20141216_federer_k3

211センチの長身選手、イヴォ・カルロビッチの高速サーブには、面を合わせて柔らかく返球。

正確にコントロールされたこのショットは、ラインいっぱいにポトリと落ちます。

20141216_federer_k2

また、リターンからドロップショットという選択肢もあります。

ツアー屈指のフットワークを持つ錦織圭でも、フェデラーの、完璧に勢いを殺したこのリターンには、さすがに追いつけません。

20141216_federer_k1

フェデラーの、完璧なリターンを集めた動画がこちら。


Original:TennisTop10's

サーブ、リターン共に隙無し

20141122_federer_k2 photo:Guillaume P. Boppe

ちなみに、2014年シーズンのATPツアーにおける成績で、フェデラーはサービスゲームの取得率が、身長208センチのジョン・イズナー、身長211センチのカルロビッチに次ぐ、第3位。

異次元のビッグサーバーである、この2人に次いでの3位は、非常に価値あるものですね。

更に、リターンゲームの取得率も第10位で、両ランキングで共に10位以内に入っているのは、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチとフェデラーだけ。

世界ランク3位のラファエル・ナダルは、サービスのランキングが14位、世界ランク4位のスタニスラス・ワウリンカは、どちらのランキングもトップ10圏外であることから、ジョコビッチとフェデラーが、いかにずば抜けてバランスの取れた選手であるかが分かります。