【動画】エース錦織の意地!ラオニッチを撃破した高速テニスを観る!

2勝を挙げたエース、錦織

20150310_nishikori_k1

6日から8日にかけて行われた、国別対抗戦デビスカップ、ワールドグループ1回戦、日本とカナダの一戦は、日本が惜しくも2勝3敗で敗れ、ワールドグループ初戦敗退となりました。

しかし世界ランク5位の錦織圭は、エースの役割を果たしてシングルスで2勝を挙げ、アウェイのカナダの地でも、その実力を示しました。

今回は錦織の戦った2試合の中から、1勝2敗と後がない状況で迎えた最終日のエース対決、ミロシュ・ラオニッチとの激闘をご紹介します。

カナダ選手が得意とする高速サーフェス

20150310_raonic_k1

今回、アウェイの地で用意されたサーフェスは、日本選手たちが試合前に口を揃えて「かなり速い」とコメントするほどの高速サーフェス。

ラオニッチや、ナンバー2のヴァセク・ポスピシルなど、ビッグサーブを持ち、強力なフォアやネットプレーを得意とする選手たちにとっては、非常に有利なサーフェスです。

実際、初日に伊藤竜馬を完封したラオニッチのプレーを見た時は、最速で時速240キロを超える彼のサーブを、このコートで攻略することは不可能に近いと思わされる程の凄みがありました。

サーフェスを有利に変えた錦織の適応力

序盤はラオニッチのスピードに押され、第1セットを落とした錦織。

しかし第2セット以降、錦織はこの高速サーフェスを有利に変える、積極的な攻めを見せました。

ラオニッチの高速サーブを、下がるどころか逆にコートの中に踏み込んで倍返し!

20150310_nishikori_k2

またリターンだけでなく、ラリー戦でも速いテンポでボールを叩き、ラオニッチから得意のフォアを構える時間を奪いました。

この試合のハイライト映像がこちら。

8分とやや長いですが、デビスカップ独特の盛り上がりに、スピード感溢れるハイレベルなプレーの応酬と、見所が満載の一戦です。


Original:OfficialDavisCup

錦織を笑顔で称えるラオニッチ

20150310_nishikori_k3

錦織とラオニッチは、学年で1つ違いのライバル同士。世界ランク5位の錦織と6位のラオニッチは、共に新世代を代表する選手として、世界中から注目されています。

両者は昨年も4度対戦し、今年もこれが2度目の対戦。通算成績は、錦織が5勝2敗とリードしています。

過去には、ダブルスを組んでツアーに出場したこともある間柄。試合後は、笑顔で錦織を称えるラオニッチが印象的でした。