【動画】高速サーブをこの位置で返球!?フェデラーの絶妙ハーフボレーリターン10選!

20150831_federer_k0

フェデラーの神技ハーフボレーリターン

テニス史に残る数々の大記録を打ち立て、その偉大さはもちろんのこと、サーブ・リターン・ストローク・ボレー...全てのプレーが最高レベルにあることから「テニスの教本」とも謳われるロジャー・フェデラー

今回はそんなフェデラーが得意としている神技、ハーフボレー気味に捉えた、めちゃくちゃタイミングの早いリターンの映像をご紹介します!

相手が打つ瞬間に一気にネットダッシュ

通常、男子のプロテニス選手のサーブ速度は時速200キロをゆうに超えるため、レシーバーはコートのベースラインよりも後方にポジションをとって、対応するのが一般的。

それでも逆を突かれたら反応できませんし、うまく読みが当って反応できていたとしても、そう簡単には高速サーブをラケットのスイートスポットで捉えることはできません。

しかし、抜群の読みと反射神経、動体視力、ラケットコントロールを持つフェデラーは、試合の中で時折、とんでもなくネットに近い位置で返球するリターンを使います。

最初はコート後方で構えていながら・・・

201550831_federer_k1

相手がサーブのモーションに入った瞬間に、ススっと前に詰め、

なんとリターンするのは、サービスラインぎりぎりのこの位置!

20150831_federer_k2

意表を突かれた相手はリズムを崩され、しかも目の前にいるのは、ネットプレーも抜群にうまいフェデラー。

相当なプレッシャーを感じながら、パッシングショットを狙わなければなりません。

フェデラーの絶妙なハーフボレーリターンをまとめた映像がこちら。


Original:TennisTop10's

全てのショットが最高レベルにあるフェデラーだからこそできる、まさに神技です。