【動画】脅威の奇襲戦法!フェデラーの新必殺技「SABR(セイバー)」を観る!

20150913_federer_k1 photo:Marianne Bevis

進化を続けるフェデラーの新戦術

テニス界で数々の偉業を成し遂げ、史上最高の選手とも謳われるロジャー・フェデラー。長年に渡って衰えることなく、第一線で戦い続けるフェデラーの強みは、その多彩な引き出しにあります。

相手や自身の調子、サーフェスによって、多種多様な戦術を使い分けるフェデラーは、派手なだけでなく、とても器用な選手なのです。

そんなフェデラー、また新たな技にチャレンジしていることをご存知でしょうか?

今回は、今なお進化を続けるフェデラーが2015年に編み出した、新戦術についてご紹介します。

フェデラーの生んだ奇襲、SABR(セイバー)

その名は、sneak attack by Roger、略してSABR(セイバー)。リターンで仕掛ける奇襲戦術です。

なぜスニーク(静かに近づく)なのか・・・それはフェデラーの動きにあります。

相手がサーブを打つ前は、普段と変わらぬ構えをしつつ、

20150912_federrer_a1

相手がトスを上げ、フェデラーから目を離した瞬間に、スルスルっと前へ詰めて、早いタイミングでリターン!

そのままネットに詰めて、相手にプレッシャーをかけていきます。

20150912_federrer_a2

フェデラーいわく、SABRは8月のマスターズ大会で、ブノワ・ペールとの練習中に生まれたそうです。

ペールと言えば、全米オープンの初戦で錦織圭を破ったことも記憶に新しい、強力なサービスを持つ選手。そのペールのサーブに対して冗談半分にトライしてみたら、見事に決まったのだとか。

なんとも天才らしいエピソードですね・・・。

フェデラーの新戦術、SABR(セイバー)の動画がこちら。


Original:kisaragi1692

しかし時速200キロを超えるプロテニス選手の高速サーブを、この至近距離で合わせられるのは、さすがフェデラー。

簡単そうにやっていますが、並大抵の技術ではありません・・・。