【動画】脅威のタッチセンス!フェデラーの芸術的ドロップリターン7選!

20151002_federer_k1 photo:Mike McCune

フェデラーが見せるリターンからのドロップ

数々の大記録を打ち立て、プロテニス史上最高の選手と謳われる、ロジャー・フェデラー

試合ではサーブ、ストローク、ボレー、全てに隙がないオールラウンドなスタイルで相手を圧倒。そして時折見せるスーパーショットは、もはや「天才」としか言い表せない、彼にしか生み出せない芸術性を秘めています。

今回は、そんなフェデラーが得意としている、リターンからのドロップショットの映像集をご紹介。

プロテニスのサーブと言えば、スピードは時速200キロを超え、スピンサーブは頭上までバウンド、スライスサーブはコートの外に大きく切れていく・・・ゆえにサーバーが絶対的に有利で、レシーバーはわずかチャンスを必死に探るわけですが、

フェデラーはなんと、その強烈なサーブの勢いを見事なタッチで殺して、絶妙なドロップショットでリターンする技術を持っています!

テニス界屈指のビッグサーバー、ミロシュ・ラオニッチのサーブも、ネット前にポトリと返球・・・。

20151002_raonic_k1

俊敏なフットワークを持つ錦織圭でさえ追いつけません。

20151002_nishikori_k1

フェデラーのスゴ技、リターンからのドロップショットの映像集がこちら。


Original:Raz Ols

フェデラーはその他にもリターンで、相手のサーブをハーフバウンドで返して、そのままネットに詰める「SABR(セイバー)」という技を持っています。

テニスの常識にとらわれない自由な発想と、それを実現してしまう圧倒的な技術こそ、彼が長年に渡って最高のテニス選手として、人々に愛され続ける理由でしょう。