【動画】ナダルの練習に学ぶ、エースが取れる回り込みフォアのポイント

プロテニス界屈指のフォアハンドを持つ、ラファエル・ナダル。彼の強力なフォアは、ディフェンス時は相手の攻撃を封じ、オフェンス時は低い弾道で、ガンガンエースを奪っていきます!

今回は、そんなナダルの回り込みフォアの練習映像から、あの威力を生み出しているポイントについて見てみます。

ナダルの練習映像がこちら。


Original:SATU CANTERO

映像からも、迫力が伝わってきます!!めちゃくちゃカッコいいですね!!

そして映像を観てみると、ナダルが円を描くようにボールに入っていっていることが分かります。これが、強力な回り込みフォアを打つ際に非常に重要なポイントです!

一度、ボールの軌道の真後ろに入って、力を溜めて...

20140805_nadal_k1

ボールの方向に踏み込んで、一気にパワーをぶつけていきます!

20140805_nadal_k2

回り込みフォアにありがちなのが、真横に移動しながら打ってしまうケース。

相手のボールが速かったり、リターンなどで、わざと身体を逃がしながら、横の動きでボールに入る技術もありますが、パワーが横に逃げてしまい、なかなか威力を出すのは難しいです。

時間のある場合は足を使って、ナダルのようにボールの真後ろにしっかりと入り、ボールに向かって身体をぶつけていくことで、よりパワーを伝えることが出来ます!

回り込みフォアでエースを取れると、めちゃくちゃ気持ちいいですよね。ぜひ、ナダルの身体の使い方を参考にしてみてください!