【動画】これぞ努力の賜物!錦織最大の武器、フォアハンドの練習風景

日本テニス界の絶対的エース、錦織圭。今回は、錦織最大の武器である、フォアハンドの練習風景をご紹介します。

錦織のフォアは「Air-K(エア・ケイ)」と呼ばれるジャンプショットなど超攻撃的な一発と、意表をつくドロップショットなどを併せ持った、変幻自在のショット。

試合中に相手を欺くクリエイティブなプレーは、まさに天才的です。

まずは攻撃的なハードヒットを練習する錦織。テイクバックで、しっかりと肩甲骨が入っているのが分かりますね!

20140828_nishikori_k1

一球一球集中して、ひたすら打ち続けます!

20140828_nishikori_k2

ハードヒットが終わると、次はフェイントを入れたドロップショットの練習!

ドロップショットの練習って、一般のプレーヤーはあまりやらないのではないでしょうか?でも試合では使ってしまうという...。

錦織はこちらもハードヒットと同じくらい、何度も何度も確認しながら練習しています。

20140828_nishikori_k3

動画はこちら。


Original:Tennis East Coast

世界への扉を開いた日本テニス界の先駆者で、錦織をジュニア時代に指導した松岡修造は、このような名言を残しています。

偶然にもうまく返せたように見える一球。しかし、僕にとっては何千球と練習をしたうちの一球だ。

プロ選手たちが見せるスーパープレーも、決して「才能」や「偶然」の一言で片付けられるものではなく、地道な努力によって積み上げられたものであることが、よく分かります。