【動画】ナダル撃破の17歳、チョリッチが取り組むボレー矯正!指導者はイバニセビッチ!

ナダルを撃破した期待の17歳、チョリッチ

20141026_coric_k1 photo:robbiesaurus

テニス界を代表する言わずと知れた名選手、ラファエル・ナダルを、今季のスイス・インドアで見事に撃破した17歳の、ボルナ・チョリッチ

2013年の全米オープンジュニアの覇者で、ジュニア時代から大きな期待を集めていたチョリッチですが、ついにプロツアーでも活躍を始めました。

今回はそんなチョリッチが、母国クロアチアの先輩で、2001年のウィンブルドン覇者でもある、ゴラン・イバニセビッチと取り組んでいる、一風変わったボレー練習の風景をご紹介します。

身体のターンを意識したボレー練習

今回チョリッチは、左手をお尻に当てた状態で、バックボレーを練習しています。

普段なら左手は、ボールが当たる瞬間まで、ラケットに添えられているはず。

これは、ボールを打つ際に身体をターンさせ、ネットに対して横向きの状態を作ることを、意識付ける練習です。

左手をお尻に当てることで、より身体の捻りが意識され、打つ瞬間に、横向きの体勢を作りやすくなります。

20141026_coric_k2

途中イバニセビッチから、ステップインして、より横向きの状態を作るよう指導が入っています。

20141026_coric_k3

しっかりと右足を踏み込み始めるチョリッチ。

20141026_coric_k4

動画がこちら。


Original:Borna Coric

イバニセビッチ仕込みのオールラウンドなスタイル

20141026_ivanisevic_k1 photo:Dave Lowensohn

チョリッチは17歳にして、サーブも威力があり、ストロークも安定感抜群、フットワークも速く、おまけにネットに出て決めることもできます。

時折見せるサーブ&ボレーは、ビッグサーブと華麗なボレーで活躍した、イバニセビッチ仕込みだったんですね。

これからのツアーで、台風の目となる可能性を大いに秘めた17歳の天才選手、チョリッチに要注目です。