【動画】ナダルに学ぶ、一回転するディフェンステクニック

今回は、BNLイタリア男子国際2014でのラファエル・ナダルのスーパープレーから、ナダルが得意としている、一回転するディフェンステクニックをご紹介します。

まずは画像でご説明。

ユーズニーのアプローチショットに大きく振られたナダルは、身体全体で必死に飛びつきます。

nadal1

そのまま一回転します。

nadal2

左足で切り返して、急いでセンターに戻ります。

nadal3

このプレーのように、バックサイドに振られた時は、真後ろを向いてしまうくらいの勢いで左足(右利きの選手は右足)を投げ出すことで、身体全体を使ってより遠くのボールをキャッチすることが出来ます。

ナダルも無駄に一回転しているわけではなく、後ろを向いてしまうくらい勢いよく身体を投げ出しているので、流れのまま自然に一回転してしまっているわけです。

実際の動画がこちら。

ユーズニーのスマッシュに対するナダルの予測の素晴らしさと、針の穴を通すようなパッシングショットに目がいきそうになりますが、一本前のディフェンスがあったからこそ、次のスーパーショットに繋がっているんですね。

Original:ATPWorldTour

このテクニックをマスターすると、半歩から一歩分近く、今までより遠くのボールに追いつけると思いますし、何より一回転がカッコいいです。多くのプロが使うテクニックなので、ぜひ参考にしてみてください。