【動画】下がり過ぎ!?王者・ナダルのクレーでのポジショニングを観る!

クレーキング、ナダル

20141222_nadal_k5 photo:Marianne Bevis

クレーコートで歴代最多となる81連勝を記録し、全仏オープンでは9度の優勝。土の上で、驚異的なパフォーマンスを発揮することから、クレーキングと呼ばれるテニスプレーヤー、ラファエル・ナダル

今回は、そんなナダルのクレーコートでの動き、特にポジショニングについて、よく分かる動画をご紹介します。

ベースラインの2m以上後方でプレー

20141222_nadal_k1

クレーコートでのナダルは、なんとベースラインの2メートル以上後ろでプレーすることも、少なくありません。

後方でプレーすることによる、最も分かりやすいメリットとしては、ディフェンス面。バウンド後、ボールの勢いが弱まるクレーコートでは、後方にポジションを取っておくことで、追いつけるボールの範囲が広くなります。

ベースライン上で打っても、

20141222_nadal_k2

相手の次のボールが厳しければ、斜め後ろに下がりながらディフェンス。

一度、ポジションを下げます。

20141222_nadal_k3

また、ボールの勢いが無くなり、縦に弾んだところを待って、得意の回り込みフォアで強打も可能。

クレーコートではオフェンス面でも、後方にポジションを取るメリットがあります。

20141222_nadal_k4

ナダルのポジショニングがよく分かる動画がこちら。


Original:Top-Tennis-Training Master Your Game

下がり過ぎて・・・

しかし下がりすぎると、こんなことも。


Original:Top-Tennis-Training Master Your Game

クレーコートではコートの後方でプレーする選手が多い、とはいえここまで下がって戦えるのは、ずば抜けたフットワークと、後方からでもエースが取れるフォアハンドを合わせ持つ、ナダルくらいですが...。