【動画】決勝を前に!錦織が敗れた、イズナーとの前回の対戦を振り返る!

20150809_nishikori_k03

錦織の相手は2週連続優勝を狙うイズナー

8日に行われたシティ・オープン男子シングルス準決勝で、第2シードの世界ランク5位、錦織圭が、同ランク9位のマリン・チリッチ(クロアチア)に3-6,6-1,6-4の逆転で勝利して、決勝進出を果たしました。

錦織は決勝で、第8シードの世界ランク18位、ジョン・イズナー(アメリカ)と対戦します。

イズナーは準決勝で、世界ランク55位のスティーブ・ジョンソン(アメリカ)に、6-3,3-6,7-6(9)で競り勝っての決勝進出。前週のアトランタ・オープンに続いて、2週連続での優勝を狙います。

前回対戦はイズナーが完璧なプレーを披露

錦織とイズナーは、今年4月のマイアミ・オープン準決勝でも激突しており、イズナーが6-4,6-3のストレートで勝利しています。

イズナーはこの大会で錦織だけでなく、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)やミロシュ・ラオニッチ(カナダ)など、錦織と同じくテニス界の新世代と期待される若手のトップ選手たちを次々と撃破。

決勝では世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)に敗れたものの、大会を通じて好調なパフォーマンスを出し続け、見事、準優勝を果たしました。

錦織とイズナーが対戦した、マイアミ・オープンでのスーパープレーがこちら。

世界屈指の錦織のバックハンドに打ち勝ち、ポイントをとった後はその好調さからか、思わずニヤけてしまっています。


Original:ATPWorldTour

この試合のハイライト映像がこちら。

イズナー最大の武器は、208センチの長身から繰り出すビッグサーブですが、普段ならやや安定感を欠くストロークも、この大会では冴えに冴えていました。


Original:DENI GREG

準決勝では、チリッチを相手に全米オープン決勝のリベンジを果たした錦織。

もうひとつ、借りを返す戦いが巡ってきました。