【動画】さぁリベンジだ!錦織が全米初戦で敗れた曲者、ペールと再戦![楽天ジャパン・オープン]

20150215_nishikori_k1 photo:Marianne Bevis

準決勝で錦織とペールが全米以来の対戦

9日に行われた楽天ジャパン・オープン男子シングルス準々決勝で、大会連覇を狙う第2シード、世界ランク6位の錦織圭が、第6シードのマリン・チリッチ(クロアチア)に、3-6,7-5,6-3の逆転で勝利して、準決勝進出を果たしました。

錦織は次戦、今季の全米オープン初戦で敗れた、世界ランク32位のブノワ・ペール(フランス)と激突。

ペールは準々決勝で、世界ランク34位のニック・キリオス(オーストラリア)を、3-6,6-4,6-1のフルセットの末に破っての勝ち上がりです。

日本のテニスファンの前で、昨季の全米オープン決勝で敗れたチリッチに、見事リベンジを果たした錦織。しかしまたも、因縁の相手との対戦となりました。

くせ者ペールの戦術に注目

正攻法でない、一風変わったプレーが得意のペール。

全米オープンでは錦織に対して、これでもかと打ちに打ちまくった作戦が見事にハマって、金星をあげました。

しかしリスクを取った攻撃以外にも、ネットプレーやドロップショットなど、まだまだ多くのバリエーションを持っている選手。果たして今回の錦織戦では、どのような戦術を選択してくるのか、注目です。

今季のW&Sオープンで、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を相手に見せた、ペールの2本のトリッキーなプレー映像がこちら。


Original:ATPWorldTour

相手のリズムを崩すのはもちろんのこと、このように観客を沸かせるユーモラスなプレーをしてくるのも、ペールの特徴。

そうするとスタジアム全体がペールのムードとなり、相手はさらにやりづらくなります。

ともに世界屈指のショットメイカー、錦織とペールの一戦。明日はどちらが、何を仕掛けるのか・・・少なくとも単調な試合にならないのは確かです。