【動画】錦織、シャラポワが勝利!豪華エキシビ・IPTL初戦のハイライトを観る!

20151203_nishikori_k0

錦織やシャラポワが参戦!超豪華エキシビIPTL

現役の男女トップ選手&テニス界のレジェンドたちがチームを組んで、オフシーズンに5カ国を転戦しながら行われる、団体戦のエキシビションマッチ、コカ・コーラ インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ、通称IPTL。

今年は新たに日本チームが参戦、顔ぶれも錦織圭マリア・シャラポワといったスター選手から、日本の女子テニス界を引っ張る奈良くるみ、元世界ランク1位のマラト・サフィンといった、超豪華な8選手で構成されています。

2日には神戸で日本ラウンドが開催され、世界のトップ選手たちを見ようと、多くのテニスファンが詰めかけました。

日本ラウンド1試合目は、若手有望株のニック・キリオスや、元世界ランク1位のカルロス・モヤらが所属する「シンガポール・スラマーズ」と、世界ランク6位のトーマス・ベルディヒや、元ウィンブルドン覇者のゴラン・イワニセビッチらが所属する「UAEロイヤルズ」が対戦。

キリオスがベルディヒを破る活躍を見せるも、その他の4カードを全て制したUAEロイヤルズが勝利を収めました。

特殊ルールによりジャパン・ウォリアーズは惜敗

続く2試合目では、錦織たちが所属する「ジャパン・ウォリアーズ」と、ガエル・モンフィスや、シングルス・ダブルス・混合ダブルス全てで四大大会を制した女子テニス界のレジェンド、サマンサ・ストーサーらが所属する「インディアン・エーシーズ」が激突。

混合ダブルスと女子シングルスでシャラポワが2勝、男子シングルスで錦織が1勝を挙げて、勝ち星で3-2とリードしたジャパン・ウォリアーズでしたが、全試合のゲーム数の合計でチームの勝敗が決するのがIPTL。結果、24-25で惜敗し、初戦を落としました。

ジャパン・ウォリアーズは3日、UAEロイヤルズと2戦目を戦います。

スーパープレーあり、笑いありのIPTL日本ラウンド、初日のハイライト映像がこちら。


Original:IPTL - International Premier Tennis League