【動画】09年の名勝負再び!初戦屈指の好カード、ナダルとベルダスコが大激戦!

20160119_nadal_k0

ナダル対ベルダスコ、同胞対決は大激戦に

19日に行われた全豪オープン2016の男子シングルス1回戦で、大会第5シードの世界ランク5位、ラファエル・ナダル(スペイン)と、同ランク47位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)が激突しました。

同大会では、2009年の準決勝でも対戦した両者。大会最長記録「5時間14分」の名勝負となったこの一戦は、ナダルがフルセットの末にベルダスコに勝利すると、決勝でもロジャー・フェデラー(スイス)を破って、スペイン人選手として史上初の全豪オープン制覇を成し遂げました。

あれから7年が経ち、メルボルンの地で再び顔を合わせた両者。名勝負が蘇る4時間41分のフルセットの大激戦の末、7-6(6),4-6,3-6,7-6(4),6-2で今度はベルダスコがナダルを破って、2回戦進出を果たしました。

ナダルは全豪オープンでは初の1回戦敗退。勝利したベルダスコは次戦、世界ランク87位のデュディ・セラ(イスラエル)と対戦します。

この試合のスーパープレーがこちら。持ち前の驚異的なフットワークを活かした、ナダルらしいプレーです。


Original:Australian Open TV