【動画】錦織が8強入り一番乗り!強敵ツォンガを圧倒して全豪準々決勝進出!

20150717_nishikori_k1 photo:mirsasha

錦織がツォンガを圧倒して全豪ベスト8進出

24日に行われた全豪オープン男子シングルス4回戦で、大会第7シードの世界ランク7位、錦織圭が、第9シードの世界ランク10位、ジョー=ウィルフリード・ツォンガ(フランス)を、6-4,6-2,6-4のストレートで下して、同大会2年連続での準々決勝進出を果たしました。

錦織は次戦で、第1シードの世界ランク1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)と、同ランク15位のジル・シモン(フランス)と対戦します。

テニス界最強、ジョコビッチという王者

錦織が次戦で対戦する可能性があるのは、現テニス界で頭一つ抜けた強さを見せる王者、ジョコビッチ。

昨季は四大大会を3つ、マスターズ大会を6つ制覇、最終戦のツアーファイナルでも史上初の四連覇を達成。シーズンを通して82勝6敗、年間勝率93%という驚異的な数字を残しました。

今季も開幕戦では、全試合1セットも落とすことなく優勝を果たし、昨季の勢いそのまま、全豪オープンでも順当に勝ち進んでいます。

プレースタイルは、まさに壁。攻撃も守備もほぼ自分からミスしないどころか、圧倒的不利な状況も1本で打破できる、伝家の宝刀カウンターショットを備えています。

ジョコビッチの強さがよく分かる、2015年のスーパープレー集がこちら。


Original:Djoker Nole

錦織とジョコビッチは過去7度対戦して、ジョコビッチの5勝2敗。錦織が最後に勝利したのは、2014年の全米オープン準決勝で、その後は4連敗、昨季も2敗しています。

この先は未知の領域。自身初の全豪オープンベスト4入りをかけた、錦織の戦いが始まります。