【動画】錦織の股抜きに、シモン気迫のパス!全豪7日目のスーパープレーを観る!

20161225_nishikori_k0

錦織の股抜き、ツォンガのスーパーボレー

開催中の全豪オープン2016も24日に大会7日目を向かえ、男女シングルスでは上位シード同士が激突し始めました。

男子シングルスでは大会第7シードの錦織圭が、第9シードのジョー=ウィルフリード・ツォンガ(フランス)に、6-4,6-2,6-4のストレートで勝利。

過去6戦中5戦で、フルセットの大熱戦となっていた強敵を相手に、素晴らしい攻撃テニスを披露した錦織が、準々決勝進出一番乗りを決めました。

この試合で錦織とツォンガが見せた、スーパープレーがこちら。

錦織の完璧な股抜きショットに対して、ツォンガも強烈な回転をかけたボレーで応戦し、会場を沸かせています。


Original:Australian Open TV

※HOT SHOTでは初心者向けに股抜きショットの練習方法をご紹介しています。詳しくはこちら

あそこまでコート後方にいる相手に対しての、この難しいボレーですが、錦織に対してはここまで狙わなければ、快足飛ばして追いつかれるかもしれないとツォンガは感じていたのでしょう。

シモンが見せた気迫のパッシングショット

続いて行われた、勝者が錦織の相手となる一戦。

絶対王者の第1シード、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)対、第14シード、ジル・シモン(フランス)の試合は、ジョコビッチ有利の大方の予想を覆す、大会屈指の大激戦となりました。

どれだけ振り回されても食らいつき、最後の最後でカウンターを決めるシモンの気迫のプレーが、ジョコビッチの精密機械を徐々に狂わせ、一進一退のシーソーゲームに突入。

6-3,6(1)-7,6-4,4-6,6-3のフルセットの末に、何とか勝ちきったジョコビッチでしたが、今季8戦を戦って、未だ1セットも落としていなかった王者を相手に、あと一歩まで迫ったシモンには、会場から惜しみない拍手が送られました。

この試合のスーパープレーがこちら。

猛攻を仕掛けたジョコビッチに食らいついた、シモンの素晴らしいカウンターです。


Original:Australian Open TV