【動画】錦織、王者に完敗も!「まるでジョコビッチ」なアングルパスを披露!

20150806_nishikori_k1 photo:mirsasha

錦織は準々決勝でジョコビッチに完敗

26日に行われた全豪オープン男子シングルス準々決勝で、大会第7シードの世界ランク7位、錦織圭は、第1シードの世界ランク1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に、3-6,2-6,4-6のストレートで敗れて、準決勝進出を逃しました。

流れが読みづらい試合展開の中でも、チャンスを見逃さず、要所を抑えたジョコビッチ。スコアは王者の一方的なゲームとなりましたが、錦織も徐々に調子を上げていくと、試合終盤は持ち味の攻撃的なプレーを随所に披露。会場を沸かせる、ハイレベルな打ち合いを演じました。

錦織がこの試合で見せた、見事なパッシングショットがこちら。

走り込みながらのバックのショートアングルは、まさにジョコビッチが得意とするカウンターショットです。


Original:Australian Open TV

ジョコビッチは次戦で、世界ランク3位のロジャー・フェデラー(スイス)と通算45度目の対戦を迎えます。

現在は22勝22敗とイーブンの両者。昨年は5勝3敗でジョコビッチが勝ち越し、うちグランドスラムではウィンブルドンと全米オープンの決勝で対戦して、いずれもジョコビッチが制しています。

一方、数々の偉業を成し遂げてきたフェデラーですが、グランドスラムのタイトルは2012年のウィンブルドンが最後。王座奪還に向け、今年こそ打倒ジョコビッチを狙います。