【動画】マレーがラオニッチとの激戦制す!全豪初制覇を目指し5度目の決勝へ!

20160130_murray_k1 photo:Marianne Bevis

マレーが接戦を制し、5度目の全豪決勝へ

29日に行われた全豪オープン男子シングルス準決勝で、大会第2シードの世界ランク2位、アンディ・マレー(イギリス)が、同ランク14位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を、4-6,7-5,6(4)-7,6-4,6-2のフルセットの末に下して、同大会自身5度目となる決勝進出を果たしました。

決勝でマレーは、大会第1シードの世界ランク1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)と2年連続で激突します。

全豪オープンでは過去4度決勝に進出するも、一度もタイトルを獲得できていないマレー。うち3度はジョコビッチによる敗戦です。

ジョコビッチに対して、4度目の正直。そしてウィンブルドン、全米オープンに続く自身3つ目のグランドスラムタイトル獲得を狙って、マレーが絶対王者に挑みます。

この試合のスーパープレー映像がこちら。

世界屈指のコートカバーリングを持つマレーでも追いつけない、ラオニッチの素晴らしいフォアハンド。

敗れはしたものの、中盤まではマレーを押し込んでいたラオニッチ。得意のサーブやボレーに加え、ストローク力にも磨きをかけ、最高のストローカーを相手にしても打ち負けない力を手に入れた25歳の新世代は、今季更なる活躍の兆しを見せました。


Original:Australian Open TV