【動画】ラオニッチ敗れる!錦織の相手は208センチの長身・イズナーに決定![マイアミ・オープン]

ビッグサーバー対決はイズナーに軍配

20150401_isner_k1 Original:mirsasha

31日に行われた、マイアミ・オープン男子シングルスの4回戦で、世界ランク24位のジョン・イズナー(アメリカ)が、同ランク6位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を、6(3)-7,7-6(6),7-6(5)の大接戦の末に下して、準々決勝進出を果たしました。

イズナー、ラオニッチ共にテニス界を代表するビッグサーバー。3セットを戦って両者1度のサービスブレイクも許さない、ド派手なサーブの打ち合いとなりました。

勝利したイズナーは準々決勝で、世界ランク5位の錦織圭と激突。イズナーと錦織は、今大会がツアー初対戦となります。

2メートル以上弾む脅威のスピンサーブ

20150401_isner_k2

イズナー最大の武器である、ビッグサーブの凄さがよく分かるシーンをご紹介。

世界ランク1位、ノバク・ジョコビッチとの試合で見せたスピンサーブですが、なんとバウンドの高さは2メートル16センチ!

身長188センチのジョコビッチが、全身で飛びついてやっと触れる高さです...。

20150401_isner_k1

ジョコビッチより身長が10センチ低い錦織にとっては、さらに脅威。このサーブへの対応が、試合の鍵を握ります。

動画がこちら。


Original:Nadal Le Roi