錦織圭

2007年にプロデビューすると、2008年には若干18歳でデルレイビーチ国際テニス選手権を制して、ツアー初優勝を挙げる。2011年に、松岡修造の持つ日本人最高ランクの46位を超える、30位を記録。2014年には、世界ランクトップ10入りを果たすと、全米オープンで準優勝の快挙を達成。続くマレーシア・オープンと、楽天ジャパン・オープンを制し、ツアー2週連続優勝を成し遂げるなど、数々の偉大な記録を樹立し続ける、日本人テニス選手。